マツエクを長持ちさせるための寝る前〜寝起きにできるケア3つ

寝ている女性

マツエクはグルーという専用の接着剤を使い、地まつ毛に装着しています。そのため、マツエクはまつ毛の生え変わりに応じて自然と取れていきます。とはいえ、マツエクをつけたらできるだけ長持ちさせたいもの。日頃のお手入れや日常生活を少し気にするだけで、マツエクの持ちは良くなります。今回はマツエクを長持ちさせるための寝る前〜寝起きにできるケアについて詳しくご紹介します。

寝る前はしっかり乾かす

寝る前のお風呂上がりや洗顔後は、タオルやドライヤーを使ってマツエクをしっかり乾かすようにしましょう。特に寝る前は濡れた状態のままだとマツエクに寝癖が付いたり、マツエクが取れたりしてしまう原因となります。この時ポイントとなるのが、タオルで水分を拭くときは優しく拭くというより、”水分を吸い取ってあげる”こと、ドライヤーは“冷風モード”にして乾かしてあげることです。

タオルで拭くときは“優しく水分を吸い取る”

タオルで拭くときは、拭くというより“タオルで優しく抑えて水分を吸い取って”マツエクに余計な刺激を与えないようにしましょう。マツエクが取れてしまったり、カールが崩れたりするのを防ぐことができます。普段のお手入れにも言えることですが、マツエクを長持ちさせるにはマツエクに極力触れない、必要以上にいじらないことが重要です。タオルで拭くときにゴシゴシ拭いてしまうと、マツエクに余計なダメージを与えてしまいマツエクが取れる原因となります。

ドライヤーは“冷風モード”にして乾かす

ドライヤーで乾かすときは“冷風モード”で、下から上に風を当てるようにして乾かしましょう。下から乾かしてあげることでマツエクのカールを綺麗に保つことができます。ドライヤーの温風モードで乾かすと急激に水分が飛んでしまい、マツエクのカールが取れてしまったり、グルー(接着剤)が傷んでマツエクの持ちを悪くしたりする原因となってしまいます。乾かした後はまつ毛が絡まらないように専用のブラシでまつ毛をとかしてあげましょう。

ただし、ドライヤーの冷風で乾かさずにいても、意外とすぐに乾いてしまうものですので、面倒な方はしっかりブラッシングだけはしてあげてください。

まつ毛美容液をつけると長持ち率アップ

マツエクをより長持ちさせるケア方法として、まつ毛美容液をつけることも有効な方法です。マツエクは地まつ毛とグルー(接着剤)でくっ付いています。マツエクをつけると少ながらずまつ毛に負担がかかり、根元の細ったまつ毛と一緒にマツエクが抜けてしまうことがあります。

まつ毛美容液をつけてまつ毛に栄養を与えることで、まつ毛にハリやコシが生まれ、マツエクを長持ちさせることができます。わずか数分でつけることができますし、現在ではマツエクをつけている方をターゲットとした美容液も豊富に販売されています。よりマツエクを長持ちさせたい方は検討してみると良いでしょう。

寝るときはうつ伏せや横向きの体勢で寝ない

夜寝るときはできるだけ仰向けで寝たり、毛布が顔に掛かったりしないように意識しましょう。朝起きたら布団や枕にせっかくつけたマツエクが…ということを防ぐことができます。マツエクはグルーという専用の接着剤で地まつ毛とくっ付いています。マツエクをこすったり余計な刺激を与えたりすると、グルー(接着剤)が剥がれてしまいマツエクが取れてしまいます。うつ伏せや横向きの体勢で寝ると、寝具とマツエクがこすれてダメージを与えてしまいマツエクが取れる原因となるのです。

ただ、寝ているときは無意識のうちに寝相が変わったり、目をこすったりしている場合も考えられます。どうしても気になる方はゴーグルをつけてみることも1つの方法です。ゴーグルをつける際は、マツエクが当たらないような奥行きがあるゴーグルを選びましょう。マツエクがゴーグルと当たってしまうと癖が付くことや、かえってダメージを与える原因となります。

寝起きでまつ毛に寝癖が付いていたら

万が一寝起きでマツエクに寝癖が付いていたり折れたりしてしまっていたら、軽く水で濡らしてからブラシを使ってマツエクを整えましょう。髪の毛の寝癖を直す時と同じ要領です。このときまつ毛の根元からとかしてしまうと抜け毛の原因となりますので、根元から1mm程度離してブラシを使いましょう。寝る前と同様に濡らしっぱなしはNGなので、とかし終わったらそのままにせずにしっかり乾かすようにしましょう。

それでもマツエクの癖が直らない場合は、サロンに相談してみましょう。癖が付いたり折れたりしてしまったマツエクを放置しておくと、マツエクが目に入って眼球を傷つけてしまう恐れがあります。マツエクの見た目もまとまりがなく、メイクのノリも悪くなってしまいます。一番してほしくない事は、ご自身でマツエクを無理やり取る事です。まつ毛エクステが取れるだけでなく、地まつ毛が抜けてしまったり、地まつ毛がとっても傷んでしまい、マツエクがその後付けられなくなってしまう可能性もありますので、遠慮なくサロンにご相談ください。

まとめ

マツエクを長持ちさせるための寝る前〜寝起きのケアについてご紹介しました。せっかくつけたマツエクはできるだけ美しい状態で長持ちさせたいもの。就寝前後のちょっとした工夫でマツエクを美しく長持ちさせることができますので、毎日のケアに参考にしてみて下さい。

「Blanc(ブラン) 小倉店」では高い技術力を持った施術スタッフが事前にカウンセリングを行い、お客様一人ひとりにあった施術を提案いたします。まつ毛やグルーも良質なものを使用しており、美しい状態を長くキープすることができますのでぜひお気軽にご相談ください。

関連記事

PAGE TOP