下まつ毛だけのマツエクってアリ?驚きの3つの効果とは

マツエクと言えば、クルッと上向きの長いまつげを思い浮かべます。ドールのようなまつげは、女性であれば誰もが一度は憧れますよね!マツエクは、上まつげに施すことがメインであり、下まつげはあくまでオプションと、多くの人が考えるでしょう。

しかし、最近は「下まつげだけにマツエクしたい!」と、マツエクサロンを訪れる人が増えています。まつげ全体の中でサブ的な位置づけである下まつげは、実は顔全体の印象を変える重要なパーツだということに、みんな気づきはじめています。

まだ、下まつげだけにマツエクをする意味が分からないという人は、その効果を知らないだけです。

この記事では、下まつげのマツエクがもたらす効果や下まつげに適したエクステなどをご紹介します。「下まつげだけのマツエクは視野に入れていなかった」という人も、「丁度取り入れたいと思っていた」という人も、参考にしてみてください。

下まつげのマツエク効果とは?

「下まつげだけに、申し訳程度にマツエクを付けたとしても、自己満足ではないか?」と思いますよね。しかし、下まつげにエクステを付けることには意味があります。未だに信じがたいという人に向けて、下まつげのマツエクがもたらす効果を解説します。

小顔効果がある

意外に思うかもしれませんが、下まつげだけにマツエクを施すと小顔効果を得ることができます。下まつげを強調することで、目と鼻と口の距離が縮まって見えるだけでなく、周囲の視線が目元に集中するため顔が引き締まって見えるため、顔が小さく見えます。特に、面長の顔にコンプレックスを持つ人には、効果てきめんでしょう。

若く見られる効果がある

アニメに出てくる少女のキャラクターの顔を思い浮かべてください。少女のキャラクターの大きな目は、成人のキャラクターの目の位置に比べて、下の方に描かれます。目の位置が高いと大人っぽい印象を与え、目の位置が低いと幼い印象を与えるということです。

下まつげだけにマツエクを付けると、目の下の部分が強調されるため、目の位置がやや下がり気味に見えます。目の位置が下がって見えることにより、実年齢よりも幼く見える効果を得られます。

マスカラによるメイク崩れを避けられる

多くの女性が下まつげにマスカラを塗るのではないでしょうか。
下まつげのマスカラを最後に塗ると失敗した時の修正が大変ですよね。また、せっかくきれいに仕上げたとしても、汗や涙などでパンダ目になることもあります。

特に、夏場はメイク崩れとの戦いと言えるでしょう。下まつげにマツエクを施すと、マスカラを付ける必要がないため、目元のメイク崩れを避けることができます。

とはいうものの、「下まつげにマツエクを付けるとケバくなりそう」と思いますよね。しかし、実は下まつげのマツエクは、適切な本数を守ればマスカラを塗るよりも自然に見えます。

下まつげのエクステは持ちが悪いと言われる理由

下まつげにマツエクを施すだけで小顔効果に若返り効果が得られると知れば、取り入れずにはいられませんよね!けれども、どのようなものにもメリットもあればデメリットもあります。

一般的に、下まつげのマツエクのモチは1~2週間程度と、モチが悪いと言われています。ここでは、下まつげのエクステが上まつげよりも取れやすい理由を解説します。

接着面積が少ない

1つ目の理由は、エクステを接着する面積が少ないことです。
当然のことですが、下まつげは上まつげに比べて短いため、接着剤を付けられる範囲が狭いです。また、下まつげのエクステを接着するグルーは、上まつげのエクステを接着するグルーよりも、接着力の弱いものを使用しています。狭い範囲に接着力の弱いグルーを使用してエクステを接着するため、こするなどの刺激に弱く取れやすいと言えます。

下まつげのマツエクの施術は、上まつげのマツエクの施術よりも難易度が高いです。そのため、下まつげのエクステを付ける場合は、技術力の高いアイリストさんに施術をお願いした方が良いと言えるでしょう。

毛周期が短い

2つ目の理由は、下まつげの毛周期は上まつげの毛周期よりも短いことです。
まつげは、毛周期に合わせて抜け落ちるため、エクステも一緒に抜け落ちます。また、下まつげは上まつげよりも本数が少ないため、1度に装着できるエクステの本数は限られます。そのため、上まつげに比べて下まつげの方が、エクステが抜け落ちたことを実感しやすいです。

それにより、下まつげのマツエクの方が、より抜けやすい印象を与えると言えます。

下まつげに適したデザインとは

下まつげのマツエクには、デメリットがあるものの、小顔効果などが得られるのであれば一度取り入れてみたいという人もいるのではないでしょうか?そんな方に向けて、ここでは、下まつげのマツエクに最適な本数や長さなどをご紹介します。

最適な本数は30~40本

下まつげのマツエクに適した本数は、両目で30~40本程度です。マツエクサロンでは、10本から施術を受け付けているところも多く、10本だけでも印象は大きく変わります。初めての人は、左右の目尻に5本ずつ付けるところから始めてみてはいかがでしょうか。

最適な長さは自まつげと同じ長さか1mm程度長め

下まつげのマツエクに適した長さは、自まつげと同じ長さ、あるいは自まつげよりも1mm程度長いくらいが丁度いいです。エクステの長さが長過ぎると自まつげが抜けやすくなるため、適度な長さで自まつげと馴染ませることを意識しましょう。補足として、上まつげの半分以下の長さに留めることで全体のバランスが良くなるため、一つの基準にしてみてください。

下まつげだけのマツエクはあり!試す価値あり!!

下まつげだけにマツエクを施すだけで、小顔効果や若返り効果が得られるなんて驚きですよね。下まつげだけのマツエクによる効果は、人の視覚的な錯覚を上手く利用していると言えます。上まつげよりも、エクステのモチが悪いことはネックですが、試す価値はあります。

下まつげのマツエクに挑戦する人は、自まつげと同じ長さか自まつげよりも1mm程度長いエクステを両目で30~40本程度、技術力の高いアイリストさんを探して施術をお願いしましょう。

 

当店でも下まつげエクステメニューがございます。気になる方は、いつでもご相談ください。

関連記事

PAGE TOP