まつ毛育毛剤の効果の真実!理想のまつ毛を手に入れる方法とは?

印象的な目元にしたいと願う女性は、目元のメイクだけでなく、まつ毛1本1本にも気を使いますよね。長く上にそった美しいまつ毛は、まばたきをするたびに引き込まれそうになります。

みなさんは「まつ育」という言葉を耳にしたことはありませんか?まつ育とは、「まつ毛を育てること」です。まつ育に使用する医薬部外品を「まつ毛育毛剤」と呼び、化粧品を「まつ毛美容液」と呼びます。育毛と聞くと、男性用育毛剤の印象が強い方も多いかもしれません。男性用育毛剤といえば、頭髪の量を増やすことを目的に使用されます。では、まつ毛育毛剤も、まつ毛の量を増やすためのものなのでしょうか?

この記事では、まつ毛の悩みを持つ方に向けて、まつ毛の育毛に関する正しい知識を提供するとともに、理想のまつ毛を手に入れる方法をあわせてご紹介します。

まつ毛の育毛とは

まつ毛の育毛というと、まつ毛の本数を増やせるというイメージを持ちがちです。しかし、まつ毛の本数を増やすのは増毛です。まつ毛の育毛とは、あくまで現在あるまつ毛を太く健康的に育てることを指します。そのため、厳密にはまつ毛育毛剤を使用してまつ毛の本数を増やすことは不可能です。

まつ育によって毛量が増加したと感じる方は、より健やかなまつ毛になったことで全体のボリュームが増して、一見増えたかのように見えているだけです。

まつ毛の抜け毛を減らす=本数が増える

まつ毛と同じ毛である頭髪には、成長期・退行期・休止期といったヘアサイクルがあり、休止期に入ると脱毛が始まります。男性用育毛剤の中には、ヘアサイクルにアプローチして抜け毛を防ぐことで髪を増やすものがあります。

まつ毛の育毛剤にも同様のことが言えるでしょう。まつ毛育毛剤の中には、ヘアサイクルの成長期を延長する効果があるものも存在するため、継続的に使用することでまつ毛が抜けにくくなります。その結果、全体の本数が増える可能性があります。とはいえ、必ずしも本数が増えるとは限りません。

毛質は体の健康状態に依存する

まつ毛の健康状態は、体の健康状態に依存します。健康的なまつ毛を育てるには、まつ毛育毛剤の使用だけでなく、食事や睡眠などを改善して健康的な生活を送らなければなりません。ここでは、日常生活における注意点や注意する理由などをご紹介します。

バランスの取れた食事

健やかなまつ毛を育むには、食生活に気を使いましょう。というのも、食生活を整えることでまつ毛を構成する成分を摂取できるからです。まつ毛の成長に欠かせない栄養素は以下の通りです。

・たんぱく質
・ビタミンA
・ビタミンB群
・ビタミンC
・ビタミンE
・亜鉛

これらの栄養素を含む食材の一例として、大豆・肉類・魚介類・海藻類・緑黄色野菜・卵などが挙げられます。食材を見る限り、バランスの良い食生活を送っていれば問題ないでしょう。

適切な睡眠時間

まつ毛の健康と睡眠が密接な関係にあることはご存知でしょうか。睡眠中は、成長促進作用をもつ成長ホルモンが分泌され、まつ毛の成長を促します。そのため、適切な睡眠時間を確保することが必要です。

また、睡眠時間だけではなく、睡眠の質も重要です。成長ホルモンの分泌量は、レム睡眠とノンレム睡眠で異なります。レム睡眠は脳が活発に動いている状態の浅い眠り、ノンレム睡眠は脳が休息している深い眠りです。成長ホルモンが盛んに分泌されるのは、深い眠りの状態です。深い眠りが増加することで、成長ホルモンの分泌の上昇が期待できます。

眠りが浅いという方は、まつ毛の健康に必要な成長ホルモンが十分に分泌されていない可能性があります。眠りが浅い方は、深い眠りをとれるように健康的な生活を送らなければなりません。

ストレスのない健康的な生活

健康的な生活とは、ストレスのない生活です。ストレスにより、自律神経が乱れると抜け毛が生じる可能性があります。

ストレスの要因は、人間関係・仕事のプレッシャー・過労・寝不足などが挙げられるでしょう。このような要因が重なりストレスがたまると、自律神経のバランスが崩れます。

自律神経は、緊張状態により活発になる交感神経と、リラックス状態により活発になる副交感神経の2種類があります。ストレスがたまると、交感神経が活発になり緊張状態が続くわけです。緊張状態が続くと血管が収縮して、まつ毛の成長に関わる毛母細胞に栄養が行き渡らなくなります。その結果、まつ毛の成長に悪影響を及ぼし、不健康なまつ毛になったり、まつ毛が抜けたりするわけです。

また、自律神経の乱れは睡眠の質にも悪影響を及ぼします。そのため、ストレスを解消するなどして自律神経を整えることは、質の良い睡眠をとり、成長ホルモンの分泌を増やすことにもつながるでしょう。

まつ毛の育毛剤選びは慎重に

手軽にまつ育ができるのは、まつ毛育毛剤やまつ毛美容液のメリットです。しかし、さまざまな商品が販売されている中で、まつ毛美容液に関するトラブルが増えています。

実際に、国民生活センターには危害を受けた相談が相次いでいます。相談が寄せられた危害件数は、2016年度には18件程度だったものが、2017年度には70件に増加し、2018年度には281件まで膨れ上がりました。

まつ育に使われる薬剤は、医薬部外品の「まつ毛育毛剤」もしくは、化粧品の「まつ毛美容液」です。なお、医薬部外品のまつ毛育毛剤は、頭髪用の育毛剤です。頭髪用の育毛剤をまつ毛に使用すると、皮膚トラブルが生じるリスクがあります。皮膚トラブルのリスクがあるにも関わらず、一部の「まつ毛育毛剤」が「まつ毛美容液」として販売されているようです。

国民生活センターへの相談内容には、「目が充血した」「まぶたが腫れた」「まつ毛が抜けた」など、皮膚トラブルだけでなく、まつ毛抜けるという症状もあげられています。

手軽に増やすならマツエク

せっかく理想的なまつ毛を手に入れようと、まつ毛美容液を使っても、まぶたが腫れたり、まつ毛が抜けたりしたら本末転倒です。症状改善のための治療費もかかってしまうでしょう。そんな危険を冒してでも、まつ毛美容液を使用したいと思う方はいないはずです。

「リスクを避けたい」と思うのであれば、手軽にまつ毛を増やせるマツエクをおすすめします。まつ育は、理想のまつ毛を手に入れるまで時間がかかりますが、マツエクなら今すぐまつ毛を増やしたいという希望も叶います。もちろん、施術もオフもプロのアイリストに任せれば、低リスクで理想のまつ毛を実現できます。

マツエクならすぐに理想のまつ毛を手に入れられる

まつ毛美容液などは自宅で手軽にまつ育ができることから、安易に取り入れてしまう方も多いでしょう。しかし、販売されているまつ毛美容液の中には、皮膚トラブルを起こすリスクが高いものもあります。一つひとつの商品について、事細かく調べれば、リスクを最小限に抑えることは可能かもしれません。しかし、それは手軽に取り入れられるというメリットを打ち消すことにもなるでしょう。

リスクを最小限に抑えつつ、手軽にまつ毛を増やしたい方は、マツエクを取り入れることをおすすめします。マツエクであれば、長さ・太さ・カールまで選べるため「欲しいまつ毛」を手に入れることができます。

関連記事

PAGE TOP